看護部のご紹介看護部のご紹介

ごあいさつ

時代の変化に沿った看護が問われる今日、当院では患者さんの声を聴き、患者さんの必要なものを考え、寄り添い、住み慣れた場所で暮らすことを支える看護を提供をしています。また、高齢者に特化したユマニチュード技法も取り入れ、患者さんが大切にされたと感じていただけることを目指しています。そして、ELNEC-Jを活用してスタッフが互いに学び合う場をつくり、当院の理念を礎としたケアにつなげています。
患者さんの背中をさすった時に、「これは薬や処置に優るお手当です。気持ちいい…」と語られた経験があります。愛知国際病院の看護師一人ひとりが、看護の本質を忘れることなく患者さんの心地よさを大切にするケアに取り組んでいます。

看護師

看護部長 水野寿美子

愛知国際病院
の理念

愛知国際病院の理念

看護部の理念

看護部の理念

教育方針

理念に基づき、確かな知識・技術・こころを持って患者さま・ご家族に満足していただける看護が提供できるよう、看護職員の能力開発及び育成を目指しています。

質の高い看護を目指し、研修の企画・運営をしています

看護部教育委員会では、患者さんに対して、その人らしさ・人間らしさを大切にした質の高い看護を提供することを目指して研修の企画・運営をしています。すべての研修は病院理念を基盤としており、その理解を深めることも教育委員会の重要な役割だと考えています。
また、病院理念に基づいたラダーレベル別の研修を取り入れています。愛知国際病院には、既卒の入職者が多く年齢や経験が多様ですが、一人ひとりが無理なく参加し、成長できるよう後押しをしています。病院内の外来・ホスピス・一般病棟だけでなく、法人内の老人保健施設・訪問看護ステーションなど働き方の違う部署の看護師が一緒に参加するため、知識・技術だけではなく感性も幅広いものになり、一人ひとりのスキルアップにつながっています。研修を通してコミュニケーションの大切さを再認識し、共に学び共に成長する場でありたいと考えています。

看護部教育委員長

看護の核となる実践能力の育成

  1. ① ニーズを捉える力
  2. ② 患者さんの満足を考えたケアする力
  3. ③ 一人ひとりの意思決定を支える力
  4. ④ 共に働く仲間と分かち合い、協働する力
  • 看護部の育成は目標管理制度の面談を通して、病院とスタッフ個人の目標を統合します。
  • 研修は教育委員会が中心となり実践に生かせる企画運営をしています。また、院外研修参加の支援を積極的にしています。
  • 新人教育はプリセプター方式で関わり、共に成長することを支援しています。

キャリア開発概念図

クリニカルラダーの概念

  1. ① 看護師一人ひとりが各段階において臨床実践能力を高め、患者・家族に対し、よりよいケアが提供できる
    (臨床実践能力とは「看護実践」「役割・責務」「人間関係」「教育・研究」「倫理」のカテゴリーからなる)
  2. ② 自分自身の目標を明確にし、看護倫理に基づきながら臨床実践能力を積み重ねキャリアアップを図る

キャリア開発概念図

求職者の方は、こちらもご覧下さい。