検査のご案内検査のご案内

当院には臨床検査技師が3名おり、診察時間内においては特殊な検査を除き、多くの検査結果をその日のうちに知ることができます。

・超音波(エコー)検査

超音波検査とは、超音波を対象物に当ててその反響を映像化するもので、繰り返し実施しても体に影響がありません。当院では、一般的な腹部だけでなく心臓や頸動脈、甲状腺などさまざまな部位の検査が可能です。

超音波診断装置が新しくなりました

2018年12月、新たに超音波診断装置<HITACHI ARIETTA70>を導入しました。
新しく導入した装置には、組織の硬さなどをリアルタイムに映像化するエラストグラフィーという技術が備わっています。スムーズで精密な超音波診断が可能となったことで、医師の正確な診断や治療の補助機能が向上し、より安全で安心できる医療を提供できる体制が整いました。

エコー02

エコー01

・コンピュータ断層撮影(CT)検査

最新のマルチヘリカルCTスキャナ(コンピュータ断層撮影装置)を採用。連続回転マルチスライス方式(4DAS)によって、検査時間の大幅な短縮と、精細で高画質な画像の抽出が可能です。

コンピュータ断層撮影(CT)検査

・デジタルX線テレビシステム検査

X線で胃や腸を透視しながら検査する機器です。
いわゆるバリウム検査に使用します。造影剤の流れを見、
病巣の位置、深度などを測ります。

デジタルX線テレビシステム検査

・経鼻内視鏡検査

直径わずか5.9mmの「極細径スコープ」を鼻から挿入して検査する方法です。左右いずれかの鼻に微量の麻酔の入ったゼリーを塗るだけで準備は完了。口から挿入する従来の方法に比べ、ほとんどの患者さまは吐き気もなく、医師と話をしながら検査することができます。心身共に苦痛の少ない検査で患者さまの負担が大きく軽減されています。

>>詳しくはこちらをご覧下さい

経鼻内視鏡検査

・電子内視鏡検査

スコープの先端部に超小型CCDカメラを搭載し、胃や腸内の様子を画面に映し出します。
鮮明な画像で正確な診断を行うことができます。
※内視鏡検査は予約が必要です。診察時に医師へご相談下さい。
ご予約は土曜日の午前中でも可能です。