ホスピスのご案内ホスピスのご案内

まだ愛知県内にホスピスがなかった頃、「地域にホスピスを」という市民の切実な願いと、草の根的な運動によって、1999年4月、愛知国際病院にホスピスが設立されました。地域の皆さまの想いがたくさん注がれた場所です。建設のためにたくさんの皆さまよりご寄付をいただき、市民の方々とともにつくりあげたホスピスです。

当院は、特定非営利活動法人日本緩和医療学会の認定する研修施設として登録されています。緩和ケア専門医の研修先としても登録され、後進の育成に寄与しています。

拡大する

ホスピスの理念

ホスピスの理念

ホスピスの役割

がんの苦痛や症状を和らげ、不安な心を支える目的の医療施設です。それぞれの方に与えられた時間を大切にし、その時間を無理に早めることも遅らせることもしません。痛みやさまざまな身体症状をやわらげるだけでなく、精神的、社会的、スピリチュアル(霊的)な援助も行います。また、ご本人・ご家族を含む心のカウンセリング、医療相談もお受けします。特殊な施設ではありませんので、お悩みにならず、まずはご相談下さい。

ホスピスの花

ケアとはいつくしみ、いとおしむこと

ケアとはいつくしみ、いとおしむこと

技術や知識を磨くことも大切ですが、相手のことを思ったり、理解しようとすることが、本当の意味でのケアにつながっていくのではないでしょうか。ケアとは慈しみ愛おしむことだと思います。ホスピスでは、患者さまやご家族との出会いを通して、可能性や未来に向かって生きていく強さを学ばせていただいています。一緒に笑いあったりする瞬間を何よりも大切にしたいです。

看護師長 水野寿美子

緩和ケア認定看護師
看護師長 成田昌代

ホスピス相談窓口 0561-73-3191

電話受付時間:月〜金曜日9:00〜16:00

ホスピス外来 (完全予約制)

  • ご本人の来院が難しい場合は、ご家族の方や代理の方のみでも結構です。
  • 現在ご入院中、通院中の場合は紹介状(診療情報提供書)、レントゲンなどをご準備下さい。
  • 治癒の望めない悪性腫瘍の患者さまで、積極的治療を終了された方々が対象になります。
  • 患者さま、ご家族がご入院を希望されていることが原則となります。
  • 患者さまが病名や症状を理解されていることは望ましいですが、必ずしも入院の条件になりませんのでご相談下さい。
  • 当病院の理念はキリスト教の精神に基づいていますが、宗教や社会的な背景は問いません。

入院費用

  • 社会保険、国民健康保険など各種健康保険が適用されます。
  • 患者さまの自己負担額は、医療費総額の3割負担(社会保険・国民健康保険)で、一般病棟に入院する場合と同じです。
  • 高額療養費助成制度や、入院費の食費が所得により減額される制度なども、同様に適用されますので、一般の入院と比較して特に高額になることはありません。
  • 入院費用の概算は、高額療養費適用後、無料個室・一般の方で一ヶ月約17万円、老人の方で12万円(食事料含む)。これらに加えて実際ご使用になったおむつ等の日用品費になります。

高額療養費について詳しくはこちら
http://www.bms.co.jp/kogakuryoyo/program01.html
※金額を入れるだけで概算の算出ができます

自宅で過ごしたい方は

患者さまの自宅に医師、看護師が訪問してホスピスケアを行う「在宅ホスピス」もサポート可能です。
在宅療養を希望される場合にはご相談下さい。

メディア掲載

朝日新聞の「ぐるり東海 愛知 日進通信」に掲載されました。

朝日新聞 2016年6月21日付(ぐるり東海 愛知 日進通信)
最後の日々、自宅のように
承諾書番号:A16-0727

新聞掲載記事はこちら

記事はこちらのホームページからもお読みいただけます
http://www.asahi.com/articles/ASJ6P346VJ6PUBQU00F.html

ホスピス賛助会

ホスピス賛助会のご案内ホスピス賛助会のご案内

あたたかいホスピスケアを提供するには、運営のための資金が
必要です。資金面でのご協力をお願い致します。

  • 施設紹介
  • ホスピスケア