リンパドレナージュ治療リンパドレナージュ治療

リンパ浮腫とは

リンパ液の流れが悪くなり、むくみとなって出現した状態。これには原因不明のものと、子宮がんや乳がんなどの手術後に出現するものがあります。ほとんどの方は手術や放射線治療後にむくみはじめますが、手術後忘れた頃にむくみが出る方もいます。リンパ液は免疫機能と関係するため、むくみが出ることでだるさや疲れを感じ、感染症などの合併症にもかかりやすくなります。

リンパ浮腫

リンパ浮腫の治療

現在の医療では完治は難しいとされますが、むくみを放置してしまうと進行して手に負えなくなることもあります。できる限り早くからケアをすることが大切です。 リンパ浮腫治療の一つに、「メディカルリンパドレナージュ」があります。主流となっているボッダー式やフェルディ式は、表在のリンパ管やリンパ節への働きかけを主とし、リンパ系への誘導を中心に治療します。 当院では、リンパ系への誘導に加え、さらに深部にある脈管系にも働きかけをします。身体全体の循環を改善し、リンパ液の吸収率をより高める治療を行っております。

リンパ浮腫の治療

・当院で行う方法

表在にあるリンパ管やリンパ節だけでなく、さらに深部にある静脈を含めた脈管系にアプローチすることで、循環を改善し、リンパ液を動かし、吸収率を高めます。これまで行われてきた治療より、より良い結果を導く新しいリンパドレナージュの手法です。

・対象者

上肢または下肢にリンパ浮腫のある方

・受診方法

リンパ浮腫の治療を希望される方は、まず愛知国際病院リンパ浮腫外来の診察をお受けください。診察の結果、メディカルリンパドレナージュの適応となりましたら治療のご予約をいただきます。

リンパ浮腫外来(保険治療)

※通常の外科外来で対応致します
【日時】
月・金曜日 午後1:30 〜午後3:00(診療情報提供書をお持ちください)

リンパ浮腫治療室(自由診療)

※完全予約制です
【日時】
火曜日 午後1:30〜午後5:00
【内容】
フランス式メディカルリンパドレナージュ(医療リンパマッサージ)
《留意事項》

リンパ浮腫外来での診察後にご予約をいただき、リンパドレナージュ実施は後日となります。
愛知国際病院への通院が初めての方は、かかりつけの病院から診療情報提供書をお持ちください。

《治療担当》

J.F.A.A.メディカルリンパドレナージュ講師(鍼灸師) 玉川佳裕 愛知国際病院で鍼灸師をしながらフランスリンパドナージュ協会主催の短期留学講座を修了し、認定証を授与。J.F.A.A.(日仏フィト・アロマテラピー協会)認定のメディカルリンパドレナージュ講師資格を取得。

鍼灸師 玉川佳裕

お電話でのお問い合わせ
0561-73-7721(平日12:30〜13:30)
メールでのお問い合わせ