外来診察外来診察

受付時間

 
(午前)
8:30〜11:30
(午後)
13:00〜15:00
(夜間)
17:00〜19:30

※日、祝日は休診です

外来担当医師表

診療科

外科

主に手術、処置等を行い患者さまを治療する診療科です。 各部位によって細かく分かれる「〜外科」と呼ばれるもの全てを総合的に治療する科を指します。

外科の担当医師表を見る

内科

手術以外の治療を行う診療科をいいます。投薬、医療器具による治療、患者さまに対する生活指導などが主な治療法です。

内科の担当医師表を見る

小児科

新生児からだいたい15歳までの小児に関する病気を担当する診療科です。

小児科の担当医師表を見る

>>小児科予約診察 >>小児科ブログ

整形外科

四肢と体幹の骨、関節、筋、神経(脊髄・末梢神経)などの外傷や障害を診る科です。多くの場合、薬物治療、リハビリ、固定、装具療法などの保存的治療をおこない、必要な場合に手術治療をおこないます。当院の常勤医師はリウマチ専門医です。

整形外科の担当医師表を見る

皮膚科

皮膚に関する病気を治療する診療科です。

皮膚科の担当医師表を見る

肛門科

肛門は大きく分けると消化器の一部になりますが、治療から手術まで専門に担当しているのが肛門科です。

胃腸科

食べ物の通り道となる食道、胃、腸などのそれらの臓器に発症する病気を治療します。

消化器科

消化器とは食べ物の通り道となる食道、胃、腸と、それらにつながり栄養分を吸収するために働く肝臓、胆嚢、膵臓などの総称です。 それらの臓器に発症する病気を治療します。

循環器科

循環器とは、体内を血液が巡る際に道筋とする、主に心臓と血管の事を言います。内科の中でもこの循環器に関する病気の治療します。

神経内科

脳・脊髄・末梢神経・筋肉の障害によって起こるさまざまな病気を専門とする診療科です。頭痛やめまいのような身近にみられる症状から、突然の意識障害や麻痺といった救急疾患まで、さまざまな症状が診療の対象となります。

神経内科の担当医師表を見る

リウマチ科

関節、筋などの疼痛とこわばりを生じる疾患をリウマチ性疾患といい、関節リウマチが その代表ですが、ほかにも鑑別診断の難しい疾患や皮膚や内臓および全身に病変をきたす疾患があり、膠原病とも呼ばれます。このような疾患を診断・治療します。

リウマチ科の担当医師表を見る

リハビリテーション科

けがや病気の後に生じる心身機能の低下に対して、社会復帰・家庭復帰を目指し、支援しています。

●理学療法(PT4名)
「歩けるようになりたい」・「関節が痛い、転びやすい(ロコモティブ・シンドローム)」など、基本的な動作の獲得と障害予防を目指してお手伝いしていきます。
●作業療法(OT2名)
「自分の手で食事をしたい」・「片麻痺になったが趣味を続けたい」などの希望に対し、作業を通じて残存能力や自助具を活かし、その人らしく生きがいを持って生活できるようお手伝いしていきます。
●言語聴覚療法(ST2名)
「ことばは不自由だけれど話したい」方のコミュニケーションのお手伝いをし、また「飲み込む時ムセてしまうけれど、好きな物を美味しく食べたい」という方の希望を支え、生活を豊かにできるようサポートします。

※必要に応じて嚥下造影検査(VF検査)等にて評価します。

【外来診療時間】
PT:午前(受付:8:00〜11:30)および夜間(受付:17:00〜19:30)
OT・ST:完全予約制

小児リハビリテーション小児リハビリテーション

お子さんのことばやコミュニケーションの発達の遅れに対する支援を行っています。当院小児科を受診の上、ご相談下さい。

小児科問診票をダウンロード小児科問診票をダウンロード

言語聴覚療法をご希望の方は、事前にご記入いただくとスムーズです。

小児リハビリテーション

東洋医学科

鍼治療(鍼灸医学)では、「はり」を用いて、身体の表面にある「経穴(つぼ)」に物理的な刺激を与え、自然治癒力を促進させ免疫機能や鎮痛機能を高めます。また、肩こりや腰痛の筋肉の痛み・コリを和らげたり、女性の足腰の冷えの原因と言われる血液の循環を改善します。

鍼治療について鍼治療について

治療期間の目安としては、急に発症した疾患には速効性がありますが、慢性疾患には時間がかかります。一般的に改善には、発症から現在に至るまでの期間と同じくらいの治療が必要といわれます。初めは週に2〜3回、症状が改善してきたら1,2週に1回程度の治療で済むようになります。あきらめず気長に治療することが大切です。
当院で使用している針は直径0.12mm〜0.25mmと髪の毛程度の細さですので、痛みはほとんどありません。また、使い捨ての針を使用しておりますので感染の心配は全くありません。ご希望の方は、外来受診時に担当医師へご相談下さい。ご不明な点がございましたら東洋医学科職員までお尋ね下さい。

リンパドレナージュ治療

子宮がんや乳がんなどの術後に多くみられるリンパ浮腫でお困りの患者さまのために、リンパ浮腫外来(保険治療)とリンパ浮腫治療室(自由診療)を開設しています。

>>詳しくはこちらをご覧下さい

人間ドック

ABCの3つに基本コースが分かれており、ご希望のコースをお選びいただけます。完全予約制なので、詳細をお電話(代表)にてお尋ね下さい。なお、人間ドックは自費診療となりますので保険証はご使用になれません。

一般的な受診科の目安

風邪、吐き気、頭痛、不眠、だるい、糖尿、高血圧など→内科
腹痛、胃痛、けが、打撲など→外科
腰痛、スポーツのけが、ねんざ、関節痛、リウマチなど→整形外科
水虫、かゆみ、いぼ、あざなど→皮膚科
頭痛、めまい、突然の意識障害 、麻痺、頭痛、物忘れがひどい→神経内科
※ご自分での判断が難しい場合は、受付にて症状をお知らせ下さい。
 (受診された医師の判断で複数の医師にご受診いただく場合もございます)